足奴隷に堕とされて理解する、女性の足への幻想を吹き飛ばす納豆臭とそれに混ざった精液の味

教え子に告白されて、足奴隷になりました
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ330500.html

「いつも言ってましたよね?苦手分野から逃げたらダメだって」家庭教師先の教え子は、こちらが足フェチの気があるマゾだと見抜いた上で好意を持って告白してくれ、恋人関係よりも濃密な主従関係を所望してくれるマゾにとって理想の理解者。まずは足先にキスから恍惚感を持って始まった儀式だが、皮脂でテカテカのそれが放つ臭気が鼻腔を駆け抜けた瞬間にリアルのおぞましさを認識。嗅ぎ分けテストなる試練の不合格者には、靴下との疑似セックスと惨めなお掃除罰。

【タイトル】
教え子に告白されて、足奴隷になりました
【作家】
ピリ辛ストロベリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました