支配者に相応しい女性の圧を感じたムッツリマゾは、おぞましい足指しゃぶりも自然と受け入れる

足フェチでドMのボクが先輩の奴隷になるまでの話
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ338354.html

同じ部活にと勧誘してくれた先輩女子に一目惚れのムッツリマゾには、彼女と繋がるために想いを伝えるなんて発想は毛頭なく、部室に残された彼女の運動靴を使って重度の足フェチである己の欲望を満たすだけの矮小無力な存在。孤独の変態行為が常習化していった結果、彼女に目撃される自滅の日を迎えるも、怒るでもなくニヤニヤ負け犬を見るようなサディストな様相を見て、自分に求められている贖罪を理解する。精液や足垢の舐め取り掃除だろうと命令には絶対服従。

【タイトル】
足フェチでドMのボクが先輩の奴隷になるまでの話
【作家】
魅足学園

コメント

タイトルとURLをコピーしました